スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

100:みなさまの「おやすみ」

2009.07.18 21:28  鑑賞


お話をしてって君がねだるからまだ生きてます じゃあねおやすみ (柚木 良)

☆やることがあるから、生きているのだった。

初めてのおやすみ、貴方に言った日と延長線で繋がる、おはよう (千歳)

☆しあわせあふれてます。きゅーん。

おやすみ、犬。おやすみ、ふかみどりの帽子。おやすみ、チチェン・イツァに降る雨。 (村上きわみ)

☆おやすみなさい、おつきさま。

ねむってる顔は市バスのなかでしか見たことないひと おやすみなさい (やすたけまり)

☆あ、また寝てる……。

気が遠くなるほどおはようおやすみを重ねていこう家族になろう (藤野唯)

☆プロポーズですね!!

路地裏の猫になりますキスひとつで満ちていく月おやすみなさい (はせがわゆづ)

☆絵本みたいな雰囲気。オシャレだなぁ。

半分は友だちなのにおやすみを云ってくれずに死ぬひとだった (我妻俊樹)

☆ひどいひとでした。

またいつかきみにおやすみなさいって言える機会がありますように (矢島かずのり)

☆そんな日を思い描いて眠ります。



ステキな歌をありがとうございました!



おまけの「おやすみ」↓


おやすみ(日本一悲しい歌)

なにも悪いことをしてないのに
つかまって牢屋に入れられた人たち
寒い夜に橋の下に捨てられて
明日の朝には死んでしまう仔猫たち
おやすみ
一番やさしい夢が見れたらいいね

車にひかれて死んじゃった人と ひいて死なせた人
刃物に刺されて殺された人と 殺した方の人
流れ星が頭に落っこちて血だらけで死んだ人
それを見てご飯が食べられなくなって病気で死んだ人
おやすみ
お お お おやすみ
そのとき神様はきっと留守だったんだよ

(原マスミ)




というわけで、なんとか鑑賞も完走しました!
たくさんの励ましをありがとうございました。
心の中で励ましてくれていた人もありがとうございます。


ちょっと息切れしそうになったけど、とても楽しかったです。
2009もよろしくー!!
スポンサーサイト

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

099:みなさまの「勇」

2009.07.18 21:22  鑑賞

ライオンの研究それは勇ましい自分自身を育てることだ (晴家渡)

☆オズの魔法使いに出てくるライオンが好きです。

あのひとの計り知れない悲しみを知る勇気だけ持って行きます (村木美月)

☆ちゃんと聞くこと。それも勇気なのだった。

ありったけ勇気を出すよ今日だけは笑ってないでちゃんと困って (はらっぱちひろ)

☆あたしを見て!

手を挙げる勇気がなくて校庭の真上にのぼる気球をみてた (やすたけまり)

☆この歌いいなぁ。控えめな女の子と、青空と、気球が目に浮かびます。

勇気ある決断ならん母親の胎内より出でんと決めしこと (原 梓)

☆誕生した瞬間から、わたしたちは勇者だった!

後朝は退屈すぎる武勇伝聞かされながらシーツを畳む (ひぐらしひなつ)

☆大人ですなぁ。


ステキな歌をありがとうございました!!



おまけの「勇」↓


言葉はいつもあたしをいさましくする


あたしはひとりぼっちだ
と 電話で妹に言ったら
それがどうした
と 妹が言うので
どうもしないさ
と あたしはいさましくこたえた
言葉は
いつもあたしをいさましくする

(江国香織)


すみれの花の砂糖づけ (新潮文庫)
江國 香織
新潮社
売り上げランキング: 38831


| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

098:みなさまの「地下」

2009.07.18 21:02  鑑賞

蜘蛛がいる地下室みたいなキミの部屋で実験みたいに恋をしていた (木下奏)

☆さみしい僕は地下室のすみっこでうずくまるスパイダー♪(スピッツ)

シャッターが軒並み降りた地下街を裸足の女が走り過ぎてく  (新井蜜)

☆何があったんでしょ……。

梅田地下3番出口 想い出が膝を抱えて泣きじゃくる道 (拓哉人形)

☆あんまり通らないようにしてる。

髪型のよく似た人は地下鉄の別の階段使って消えた (ジテンふみお)

☆あの子じゃなかった……。

地下組織みたいにしようね 奥さんが乗り込んできたら死んじゃおうね (さかいたつろう)

☆ねっ!

あ、と君が笑顔を見せる地下鉄の車窓に寄り添う僕らが映る (五十嵐きよみ)

☆あ、うふふ!!


ステキな歌をありがとうございました!



おまけの「地下」↓


地下鉄


私は毎日 棺に入る
見知らぬ人と一緒に

私はあわただしく釘を打つ
自分の棺に

そうして都会の方に
生き埋めにされに行く


(阪本越郎)

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

097:みなさまの「訴」

2009.07.18 21:00  鑑賞

口だけを動かし僕は訴える何を何処に置いてきたのだろ (藻上旅人)

☆口だけ別の生き物みたい。

夕焼けに直訴されてる帰り道あたしはあたしを抱きしめるだけ (暮夜 宴)

☆なんて孤独なんだろう。夕焼けはでっかすぎる。

愛なんて訴えられても困ります 法廷よりもベッドで会おう (さかいたつろう)

☆あはは……

砂浜にだらだらと訴えている波のほつれを見に行きましょう (村上きわみ)

☆ついでに鴎も見に行きましょう。

寝言でも「眠れないよ」と訴えた君のおなかをさすってあげる (史之春風)

☆うわー、可愛い歌! いいなぁー。


ステキな歌をありがとうございました!



おまけの「訴」↓


駆け込み訴え

申し上げます。申し上げます。旦那さま。
あの人は、酷い。酷い。はい。厭な奴です。悪い人です。
ああ。我慢ならない。生かして置けねえ。はい、はい。落ちついて申し上げます。
あの人を、生かして置いてはなりません。世の中の仇です。
はい、何もかも、すっかり、全部、申し上げます。
私は、あの人の居所を知っています。すぐに御案内申します。
ずたずたに切りさいなんで、殺して下さい。

(太宰治)




| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

096:みなさまの「複」

2009.07.18 20:53  鑑賞

物事を複雑にする方が好き 時間をかけてわたしを解いて (振戸りく)

☆解いて解いて。

この空も重複データとして処理。この一日も。この憂鬱も。 (秋ひもの)

☆毎日おんなじようなのに、年だけはとっていくのね。

歩いてる私の顔を占い師が複雑そうな顔で見ている (綾倉)

☆どういう運命なんだろう。

複製のマグリットの空開かれてもうどこへでも行つてしまはう (萱野芙蓉)

☆行ってしまえそう。

複雑なエレベーターキス何回も閉るボタンを押しこんでいた (はせがわゆづ)

☆きゃー

複雑なことはなんにも話さないやさしいひとの罪を数える (里坂季夜)

☆そろそろ数えるのがつらいです

ときどきは虫になりたい複眼のすべてに真っ赤な紅葉を映す (砺波湊)

☆万華鏡みたいに見えるのか。




ステキな歌をありがとうございました!



おまけの「複」↓







アノネ
どんな車よりもね
構造が複雑で
運転がむずかしい車はね
じぶんという名の
この車なんだな
そして
一生の運転手は
じぶん

(相田みつを)

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

095:みなさまの「しっぽ」

2009.07.05 09:41  鑑賞

どんなにか俺をなぶつてくれようともしつぽがなけれぁただの女さ (酒井景二郎)

☆ただの女ですとも。

はじめからもってる子にはかなわない あどけないしぐさとかしっぽとか(岡本雅哉)

☆この気持ち分かります……

知りたくはなかった君の優しさのしっぽを僕は掴んでしまった (伊藤なつと)

☆知りたくはなかった?

できるだけしっぽをフラフラさせるからその気になったら追いかけてきて (さかいたつろう)

☆猫系? 告白させるタイプですね?!

人前で手をつないだりできないがしっぽがあれば絡めあいたい (史之春風)

☆手をつなぐよりいやらしい感じがするんですが

デビルマンにしっぽがあったなかったと言い合ううちに区役所に着く (幸くみこ)

☆いつまでもそういう話ばっかしていたい。

いないはずないひとなのにいないからあるはずのないしっぽがいたい (蓮池尚秋)
☆あるはずのないしっぽが痛い!!

人間が捨てたしっぽを集めてる嘘のつけない妖精がいる(夏端月)

☆いそう、いそう。


ステキな歌をありがとうございました!



おまけの「しっぽ」↓


黒猫のしっぽを切った話


ある晩、黒猫をつかまえて鋏でしっぽを切ると
パチン! と黄いろい煙になってしまった

頭の上でキャッ! という声がした

窓をあけると
尾のないホーキ星が逃げて行くのが見えた

(稲垣足穂)



もいいっちょ!
「しっぽのきもち」
NHKのみんなの歌でやってて、絵が可愛くて、大好きだったんですけど……。

続きを読む

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

094:みなさまの「沈黙」

2009.07.05 09:36  鑑賞

透明の分別袋に入れるときテディベアは沈黙をする (松下知永)

☆目に浮かびます。

12月25日の夜にだけサンタクロースがくれる沈黙 (暮夜 宴)

☆幸せな感じ。

特急が走りつづけて沈黙はひとりにひとつふたりにもひとつ (やすたけまり)

☆どんな関係?

沈黙は金ではなくてピンクです あと一週間でクリスマスです (小野伊都子)

☆わくわくしちゃう。

沈黙が君との距離を変えていく たかが真夏のたかがマックで (わらじ虫)

☆たかが真夏のたかがマックで!!



ステキな歌をありがとうございました!

おまけの沈黙↓




ライフ・ストーリー

一羽でも宇宙を満たす鳥の声
二羽でも宇宙に充満する鳥の静寂

(大岡信)

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

093 :みなさまの「周」

2009.07.05 09:35  鑑賞

めぐりめく周期は絶えず 裏切らず 月はいつでも 私を救う (ME1)

☆下の句が好きです。変わらないものに助けられることってある。

チャンネルを合わせるように耳を寄せあなたの周波数を受け取る (振戸りく)

☆周波数だけで話ができたらいいのにー。

何周もカッパ巻きだけ回りゆく 踏み出せなかった僕等の前を (拓哉人形)

☆カッパ巻きをチョイスするところにセンスを感じます。

周りから浮いてるねっていわれちゃう深く沈んでいればいるほど (岡本雅哉)

☆ううむ……

惨めって言葉のままに泣きながら周りのものを投げつけた夜 (藤野唯)

☆そういうことすんのは、なんで女ばっかりなんだろ。

一周忌終えて無音のひだまりに古い手紙をようやくひらく (ひぐらしひなつ)

☆時の偉大さ。

どちらかといえば性悪説であるあたなの周りに善意が満ちる (久野はすみ)

☆だから気になっちゃう。

あしたには忘れるだろう事を言う客の周りの客も女将も (小椋庵月)

☆そして笑ってる。

苛立ちは理由ではなく周期だな。女は子宮で考えている。 (田中彼方)

☆政治家が言ったら問題発言っぽいような。


ステキな歌をありがとうございました!




おまけの「周」↓



シャボン玉


シャボン玉の中へは
庭は這入れません

まはりをくるくる廻ってゐます

(ジャン コクトオ・堀口大学 訳)

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

092 :みなさまの「生い立ち」

2009.06.28 23:05  鑑賞

生い立ちを話せる雰囲気作ったらアナタがワタシの子供になってた (木下奏)

☆えっ?

少なくとも出番を控えたおじさんは新婦の生い立ちどころではない(穴井苑子)

☆あはは、おじさんかわいい~。こうゆうユルイ笑い、好きです。


ドーナツの甘さを指で持て余し今日三度目の生い立ちを聞く (拓哉人形)

☆お年寄りの話は長いからねぇ

QRコードをたどって合い挽きの牛と豚との生い立ちを知る (沼尻つた子)

☆そうきたか! という感じでした

生い立ちを追求してもあの人の先祖はやっぱり穏やかでした (伊藤なつと)

☆うんうん……そうでしょうとも

くだらない生い立ちだからあなたとの出会いの日まで早送りして (美木)

☆あはは。なんか可愛いです。


いかにもな嘘の生い立ち武器にして何人女を落としてきたの? (天井桃)

☆一部ほんとうだから落とされるんですって!

「海の泡から生まれたの」そういってはぐらかされる、君の生い立ち。 (田中彼方)

☆気をつけたほうがいいかも(笑)


ステキな歌をありがとうございました!



おまけの「生い立ち」↓


懐かしのわが家


昭和十年十二月十日に
ぼくは不完全な死体として生まれ
何十年かかかって
完全な死体となるのである
そのときが来たら
ぼくは思いあたるだろう
青森市浦町字橋本の
小さな陽あたりのいい家の庭で
外に向って育ちすぎた桜の木が
内部から成長をはじめるときが来たことを

子供の頃、ぼくは
汽車の口真似が上手かった
ぼくは
世界の涯てが
自分自身の夢のなかにしかないことを
知っていたのだ

(寺山修司)




| コメント(1) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

091:みなさまの「渇」

2009.06.28 22:58  鑑賞

病院の窓口にいる人まねて(渇いた声で)どうぞおだいじに(天国ななお)

☆おだいじにー

ちっぽけなことなのでしょうコンビニの水でうるおうのどの渇きは (富田林薫)

☆だから私はたくましい

一握の愛を注いでくださいな赤いべべ着た金魚が渇く (暮夜 宴)

☆情景浮かびます。うまいなぁ……

渇水の町に生まれてひあがった川をたどって海を目指した (久野はすみ)

☆それでも海へ続いている。

ひとの死ぬ映画でしみじみ泣きたいと思えるほどに渇いています (水野加奈)

☆共感しました!

渇望はやがて血となる糧となる覚えてやがれ空、雲、ひかり (わらじ虫)

☆こういうカッコイイ系の歌に弱いです。



ステキな歌をありがとうございました!



おまけの「渇」↓

空っぽの冷蔵庫開けて
色々思い出してると
都会の暮らしはやけにのどが乾いてしまう

ZERO B'z 歌詞情報 - goo 音楽

続きを読む

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

090:みなさまの「メダル」

2009.06.28 22:50  鑑賞

ラスト10です!

金メダル取る瞬間を見るために二人の喧嘩しばらく休戦 (月子)

☆日常のひとコマ。ほのぼのします。

がんばった昨日もなにもない今日もメダルのような夕日がひとつ (はらっぱちひろ)

☆変わらない、大きなものを見るとほっとする。

ありがとうおゆうぎいっしょにしてくれてチョコのメダルははんぶんあげる (ほたる)

☆この素直さを、いつまでも持ちたい。

ゲーセンのメダルであれば一人では使いきれないくらいに出せます (伊藤なつと

☆出せますのにね。


ぞんぶんに閉じている日はいただいたふるいメダルを磨いています (村上きわみ)

☆無心になれます。


素敵な歌をありがとうございました!



おまけの「メダル」↓

都会の夏の夜

月は空にメダルのやうに、
街角に建物はオルガンのやうに、
遊び疲れた男どち唱ひながらに帰つてゆく。  
……イカムネ・カラアがまがつてゐる……

そのくちびるはひらききつて
その心は何か悲しい。
頭が暗い土塊になつて、
ただもうラアラア唱つてゆくのだ。

商用のことや祖先のことや
忘れてゐるといふではないが、
都会の夏の夜のふけ……

死んだ火薬と深くして
眼に外燈の滲みいれば
ただもうラアラア唱つてゆくのだ。

(中原中也)




ほんとはこっちを先に思い出した!
乙女チックで好きー!



湖上

ポッカリ月が出ましたら、
船を浮べて出掛けませう。
波はヒタヒタ打つでせう、
風も少しはあるでせう。

沖に出たらば暗いでせう、
櫂から滴垂る水の音は
ちかしいものに聞こえませう、
―――あなたの言葉の杜切れ間を。

月は聴き耳立てるでせう、
すこしは降りても来るでせう、
われら接唇する時に
月は頭上にあるでせう。

あなたはなおも、語るでせう、
よしないことや拗言や、
洩らさず私は聴くでせう、
―――けれど漕ぐ手はやめないで。

ポッカリ月が出ましたら、
船を浮べて出掛けませう。
波はヒタヒタ打つでせう、
風も少しはあるでせう。

(中原中也)

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

089:みなさまの「減」

2009.06.28 22:46  鑑賞

パレットの青色ばかり減つてゆく 海、空、心、今はまだ冬(草蜉蝣)

☆青好きー。

靴底がいびつに減って思い知る僕たちちゃんと生きてることを (晴家渡)

☆靴底の外側ばかり減っていきます……

減らず口たたく弟置き去りに列車はとうに発車しちゃった (新井蜜)

☆弟のその後が気になります

誰の目が僕を減点してますか今日は何処から失格ですか (はらっぱちひろ)

☆ううう……

いきおいで仕事をやめて主食ガム(七キロ減で見る春の月)  (市川周)

☆せつないなあ。

友達が一人二人と減っていく 真実 あなた残っています(K.Aiko)

☆あなただけ。


ステキな歌をありがとうございました!


おまけの「減」↓
パス……意外に探しても見つからない。
ここで止まってたの(笑)。

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。