スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

037:みなさまの「片思い」

2007.11.30 20:54  鑑賞

みなさまの片思い……?


いいですか 片思いばかり続けると背骨は左に傾くんです(天国ななお)

☆知らなかった!

片思いしている耳のうずまきがホルンの音をさがしてうごく(おとくにすぎな)

☆あの人が吹くホルン。うまく聞き分けられるかなー。

あいされたい 片思いするからだごとつつむ赤すぎるワンピース(みち。)

☆抱きしめられることはないの。

エレベーター・ガール条例二十三「片思い中」のネイルは青に (砺波湊)

☆片恋さえもファッショナブル。


素敵な歌をありがとうございました!
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

036:みなさまの「湯」

2007.11.30 20:22  鑑賞

真夜中にカバはほんのり湯気を立て川面に映る月をみている(田崎うに)

☆かばのティリーネックみたい。

猫舌な私はぬるま湯な君の隣で明日も退屈したい(本田あや)


☆まったりしたい。

悲しみを湯せんにかけて泡立てるあなたを責めて泣けばよかった(ぱぴこ)


☆苦い苦いチョコレートを作ろう。

いい湯だなハビバノンノンいい湯だな泣けてきちゃうな泣いちゃおうかな(史之春風)

☆(笑)。分かります分かります。

湯ぶねには今日のかけらが浮かぶので先に入っておいてください(小野伊都子)


☆最後にゆっくり入ります。


素敵な歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

035:みなさまの「昭和」

2007.11.30 20:20  鑑賞

「昭和」ってお題むずかしかったな~。


病との闘いだけの平成で昭和の頃の夢はミラージュ(畠山拓郎)

☆夢を! 夢を!

昭和シェル石油のきいろい貝殻の化石のでてくる三万年後(富田林薫)

☆未来人の反応が楽しみ。

「昭和枯れすすき」を聴く気力はなくて最高ですとやたら叫んだ(カー・イーブン)

☆歌はしらないですけど、状況はよくわかります。お疲れさまです!

なんにでもなれるような気がしてたへなちょこな夢ハタチの昭和(川鉄ネオン)


☆へなちょこな人好きですよ。わたし。


素敵な歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

034:みなさまの「配」

2007.11.30 20:17  鑑賞

配られたカードで狙えそうなのはせいぜいツーペアな春だ、今年も(小春川英夫)

☆ツーペアからは、フルハウスが狙えますよ! 手堅くいきましょう。

いつどこで使えばいいかわからないハートのAが配られてくる(五十嵐きよみ)


☆マークと1が、ばかでかくてびびる。

透明な水を配ろうできたてのフラスコに詰め街でくばろう(中村成志)


☆水がとっても貴重っていう状態に、あたしは陥ったことがないので……、

雑踏でこっそり耳をふさぐとき私のなかのうさぎの気配(月原真幸)


☆さびしくって死んじゃう。なんて。

やさしさを配合したら前のより薄味だという苦情が増えた(岡元らいら)

☆あはは! そういうもんですよね。

今日もまた誰かが配った紙きれに生きる範囲を決められている(みち。)

☆飛び出したいなー。

ねがわくばニヒルな郵便屋になって不幸の手紙を配る平和を(水野彗星)


☆なるほど、平和だ。


素敵な歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

033:みなさまの「太陽」

2007.11.30 19:23  鑑賞

太陽にてのひらかざし血流の沸騰を待つてのひら発電(新井蜜)

☆臨死! エコだちゃん。

太陽が両面グリルで焦がしてる僕らの夏は炭になるだけ(稲荷辺長太)

☆燃えつきたー。

太陽へ向かふルールを持つ虫を羨みてまた今日を迷へり(霰)


☆目標さえはっきりしていれば。

ずっとずっととおい場所から太陽があたしの涙を乾かしている(みち。)


☆ありがとうって言いたい人がいる。

太陽を市営プールで見上げたら夏修了のハンがもらえる(宮田ふゆこ)

☆もうすぐ二学期だね。

人は皆太陽となる核をもつ36.5度の向日葵(pakari)


☆この視点面白いですよね。

太陽に照らされている部分だけあたたかくなる決まりだという(野田 薫)

☆へんなふうに日焼けしちゃう!


素敵な歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

032:みなさまの「ニュース」

2007.11.30 19:15  鑑賞

感情を動かす余地の無いニュースばかりなんだし狼煙でも良い(稲荷辺長太)

☆レポーターも、もう深刻ぶらなくていい。

きみがしあわせになったと聞いたとき良いニュースだと言えますように(あみー)


☆性善説とか性悪説とか、よく分かんないけど、
わたしはただ、あなたに関しては、やさしくなれたらなぁって思ってる。

生きているひとのニュースは悲しくて訃報ばかりを丹念に読む(里坂季夜)


☆わたしは、訃報欄は、いつも見ないふりしてました。

しあわせなニュースを抱いた帰り道 あなたの好きなカレー作ろう(+イチゴ+)

☆……おめでたかしら? おしあわせに。

家という型にはまってみたくなる朝のニュースを見て帰る時(y*)


☆夜勤ですか?(笑) 家ではほっとできますか。

さみしさをspamに載せよ 僕たちが臨時ニュースに飢えている夜(遠山那由)

☆spamは現代の黒魔術だ。

おばあちゃんがなくなりました雨の朝七時のニュースのはじまるころに(空色ぴりか)

☆ご冥福をお祈りいたします。

おとなしい動物としてエリンギを包む英字のニュースペーパー(佐藤羽美)

☆エリンギは動物じゃないんですけどね(笑)。歌の面白いところです。

「このページに悲しいニュースはありません」読売新聞三十一面(近藤かすみ)


☆いいねー読売!

通り魔のニュースが流れている そっと首のあたりに触れる まだある(野田 薫)

☆まだどくどくしてる。


素敵な歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

031:みなさまの「雪」

2007.11.30 19:04  鑑賞

手のひらに降ってしまった雪みたいあなたに言ってしまった言葉(ぱぴこ)

☆マイナーなんだけど、山中音和の「ロリータの詩集」という漫画を思い出しました。
「ほら、雪が、君はあったかいって言ってるよ」……とかいう……うろおぼえだけど。

許されていい頃なのに雪どけの水は澱んでまだここにある(花夢)

☆分かる気がする。

雪は降るあなたはこない犬がくる(Dogs don't care if it's snow.)(市川周)

☆はいくっぽい。

たいせつな悲しみなんだ ほら雪の日は暖房がよく効くでしょう(宮田ふゆこ)


☆冬がちょっと好きになる。

雪であることをわすれているようなゆきだるまからもらうてぶくろ(笹井宏之)

☆かわいいですねー。こうゆうの好きです。

傾けたテーブルソルトいつだってわたしのために降る雪がある(砺波湊)

☆わたしはどちらかというと砂糖を連想するのだけど
(粉砂糖ふるってふるって争いのない大陸を夢見ているの←1年前につくった自作)、
塩かぁ。しょっぱい雪もあるのかもしれない。



素敵な歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

030:みなさまの「いたずら」

2007.11.30 19:00  鑑賞

わたし呼ぶ声に気づいてみあげればまるでいたずら描きの雲です(坂本樹)

☆もくもくもくもく。

いたずらの好きな神様たちにまた目をつけられてしまったみたい(ドール)

☆こまってしまう!

いたずらのつもりではずしたネジだけど返せないので義足に使う(稲荷辺長太)


☆返せなくなっちゃったのか! それって……。

いたずらとわかっていても出てしまうような着信音にしました(振戸りく)

☆人のケータイいじる時点で、もういたずら……と思ったんだけど、違うか。
自分がかけるのじゃなくて、相手がかけてくるのか?

いたずらと呼べる程度の運命は俺のちからでどうにでもなる(あみー)


☆おっしゃるとおりだと思います。やる気が出ます。

大好きな人にだけするいたずらをおまえになんかしてやるものか(椎名時慈)


☆がびーん。(笑)

呼び出したくせに私を放置する勝手な寝顔にいたずらしたい(はせがわゆづ)

☆まゆげもひげもご自由に。


素敵な歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

029:みなさまの「国」

2007.11.30 18:56  鑑賞


一言ですべてがチャラになるような国策なんて想定外だ(ふしょー)

☆確かに。

あなたと私の国は魔法の国夢の国現実逃避の国(川瀬菜穂)

☆わたしを連れて逃げて!

電線が空を細かく区切る朝、国の果てでも見に行こうかね(つきしろ)


☆いってらっさい。

幸せなおとぎの国のおとなりの国で抱きしめたいものがある(百田きりん)


☆だいじ。だいじ。

逢えないと知るためだけに降りてみた西武国分寺線恋ヶ窪駅(素人屋)

☆ひとりで楽しんでしまった。

「カブトムシ」を歌ってくれるはずだった夏 FMで聴く「三国駅」(カー・イーブン)

☆aikoならまかせて。



素敵な歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

028:みなさまの「カーテン」

2007.11.30 18:55  鑑賞

橙にきらめく東京タワーにもおやすみを言いカーテンを閉ず(本田鈴雨)

☆すべてのものにおやすみなさい。

童貞を失くせし夜の覚えゐることの全てはカーテンの柄(小早川忠義)

☆一見どうでもいいようことが重要。

世界には風と光があることを忘れぬようにカーテンはある(佐倉すみ)


☆こういう考え方好きです。

カーテンを閉めようとする あたまからつまさきまでが花であるひと(笹井宏之)

☆うわぁー。いいなー。どきどき。


素敵な歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。