スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

049:みなさまの「約束」

2007.12.13 21:20  鑑賞

もう君は忘れただろう約束をひとり勝手に守り続ける(ドール)

☆なんていじらしい……。

約束を破ったことのないような顔つきでまた約束をする(野良ゆうき)


☆わたしが? あなたが?

交わすべき約束もなくどこまでもひとりである日はひとりでいよう(岡元らいら)


☆孤独。自由。強い。弱い。

あたしにも言いたいことはあるけれど要約すれば「馬鹿でした」だけ(史之春風)


☆ばかな自分がちょっと可愛い。

永遠に破られている約束を一番確かなつながりとして(はせがわゆづ)


☆忘れないこと。


すてきな歌をありがとうございました!
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

048:みなさまの「毛糸」

2007.12.13 21:17  鑑賞

編み物関連の歌が多かったですね。
じつはわたくし、編み棒を持ちましても、指揮(さんかく)しかできません。おはずかし~。


母に会いにゆくなら毛糸のあやとりの赤い三途の川をわたって(野樹かずみ)

☆思い出したら目を覚ますの。

もう、終わりかけているふゆ 編みかけの毛糸をほどくときはかんたん(花夢)

☆毛糸ほどくのって、障子をやぶるのと似てるかな。
ちょっとヤケになったほうが楽しい(笑)。

くるくると羊をむいて毛糸屋へ(Stray sheeps make me rich. )(市川周)

☆犠牲のもとになりたつ幸せ。知っているけど考えないこと。

フィルム・ノワール 夫殺しの若妻の毛糸の帽子に雪ふりきたる(萱野芙蓉)

☆かっこいい。

もつれても暖かでした 縛られる道具は毛糸のマフラーでした(椎名時慈)


☆もつれても、暖か。ってのがいいなー。

眠りたてのあなたの繭にふれるときほのかにひかる真冬の毛糸(笹井宏之)

☆美しい白さです。


すてきな歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

047:みなさまの「没」

2007.12.12 22:53  鑑賞


悪態ならいくらでも付け春の子よ君のよわさを没収します (行方祐美)

☆隠さないと。

日没に一人ぼっちで立ちつくす誰も私を攫いに来ない(ドール)

☆現代のおうじさまは鳥目だというお話。

この恋になにがあっても没後ではなく生誕で祝ってほしい(百田きりん)


☆視点が面白いですよね。

制服の群れに埋没するようにスカート丈を調節しよう(振戸りく)

☆3回巻いてたなぁ。

あっけなく沈没していくニッポンに呑まれ地球のマグマとならん(文月万里)


☆スケールでかくていいですね!

授業中没収されたお手紙の中の秘密の微熱の行方(描町フ三ヲ)

☆ひみつはビネツ!

僕たちは沈没船じゃない 空も海も青くて間違えるけど(あみー)

☆目が眩みそうになるのでしょう。


☆すてきな歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

046:みなさまの「階段」

2007.12.12 22:49  鑑賞

階段に落ちて壊れて粉々になったガラスの靴さあ君は(よさ)

☆壊れたらそれで終わり……ではないんですね。

背中から抱きしめられて蝶になる午前0時の非常階段(暮夜 宴)

☆わーお。すてきです。

金曜の階段室で泣いていた美人の嗚咽が賛美歌のよう(稲荷辺長太)

☆美人だというだけで絵になる。

どこかへとつづくと信じる階段をあやうくあやうく駆け下りて、ゆけ(つきしろ)

☆転びませぬよう。

エッフェル塔昇る階段足の下広がる景色はパリパリパリだ(桶田 沙美)

☆パリパリかぁー。見てみたいです。

階段に座って食べるあんぱんの桜は春を覚えているの(小野伊都子)


☆あんぱん食べるたび、思い出しそうです。


すてきな歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

045:みなさまの「トマト」

2007.12.12 22:44  鑑賞

きらいな人には「おえー」なお題?


湯むきしたトマトのようにやわらかな抵抗だからひるんじゃだめよ(振戸りく)

☆おとな but カワイイ! エスプリーク プレシャス!!

ほめられた量のニ倍は自惚れてトマトのような晴天である(あみー)


☆ほめまくりたくなりますよね。

実るのを夢見るトマトをベランダで恋の記憶として愛でている(はせがわゆづ)


☆キュートです。

青いままいられないこと知っていてトマトは空を見上げ続ける(小野伊都子)

☆うーんキュートです。


すてきな歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

044:みなさまの「寺」

2007.12.12 22:41  鑑賞

セックスは博打っぽいと寺銭のかわりにガムを置いて出て行く(天国ななお)

☆チップ制?

うなずいて 雨はお寺のあじさいをぜんぶピンクにしてくれました(百田きりん)

☆すてき。

告げることをためらったまま六月は慈照寺の雨に潤う (花夢)

☆うーんすてき。

東京に空はないけど君がいて吉祥寺にはロンロンがある(市川周)

☆ロンロンわかんないです!

何一つ信仰なんかしていない君に惹かれて来た善光寺(萌香)

☆行き先は、わりとどうでもいい。

前触れもなく引っ越したアパートが縁切り寺になればいいのに(みにごん)

☆縁切り寺いったことないです。


すてきな歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

043:みなさまの「ためいき」

2007.12.12 22:39  鑑賞

いやになるくらいに空は晴れていて ごめん ためいきついてしまった(治視)

☆分かるかんじです。

ためいきをわざわざ聞こえるようにつく嘘をつくのは恋のはじまり (佐原 岬)


☆気にしてほしいんですよねー。かわいいです。

ひとりになりたい私の髪を撫でるためいきみたいな潮騒(花夢)

☆思いがけない人がやさしかったりして。

ためいきの7%削減を決めて閉幕阿佐ヶ谷会議(市川周)


☆異議なし!

ためいきのかたちをさとられないようにくるくるまいたマフラーの冬(月原真幸)


☆自分の息があったかいってこと、冬にならないと気がつかない。


素敵な歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

042:みなさまの「海」

2007.12.12 22:07  鑑賞

わたしの職場からは、海が見えます。
冬の海は、青よりも白って感じ。寒々しいです。


海岸は左カーブのつづく道またいつかという始まりもある(行方祐美)

☆右カーブよりは左カーブのほうが曲がりやすい。

うっすらとひざしのあたるほんだなに海でもらった貝をならべる(富田林薫)

☆寝る前と、起きたあとに眺める。

前世から焦がれた海をあのひとのからだのうちに見つけてしまう(花夢)


☆ひとのからだの70%は海だってね。

活きのいい肉ひしめかせ笑いあうぼくら海鮮丼みたいだね(カー・イーブン)

☆海というテーマを「海鮮丼」でくくること自体、ちょっとすごい。
男の人の発想だろうなぁ。(女の人だったらごめんなさい)


いつだって飲みこめるのに海はまた私にやさしい音を聴かせる(みち。)


☆目をつぶって聴きたい。


素敵な歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

041:みなさまの「障」

2007.12.12 22:01  鑑賞

海色の春に覚えた息継ぎで故障している自転車をこぐ(帯一鐘信)

☆なんだか素敵な光景。
故障の具合によっては素敵どことではないでしょうけど(ゼイゼイ)。

泣き疲れ床に寝ている真夜中に涙を舐める気障な猫です(白辺いづみ)

☆カッコイイ猫だにゃー!

恋愛の支障をきたす恐れから外せずにいるメガネが曇る(稲荷辺長太)

☆一緒にラーメンたべらんないね。

夜桜がしずかに狂う日のきみの電波障害みだれみだれる(花夢)

☆情景も言葉も綺麗。

差し障りないことばかり打っているメール本文 タイトルはRe:Re〉(スズキロク)

☆タイトル「おつかれさま!」「Re:おつかれさま!」とか、ちょっとイヤかも。


差し障りのないことばり並べてはきれいに梨をむく私たち(笹井宏之)


☆江国香織が唯川恵を「梨の筆」と言った、のを思い出しました。

日常に支障をきたす行動を白昼堂々やってのけたい(みにごん)

☆つかまらない程度にお願いします。


素敵な歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

040:みなさまの「ボタン」

2007.12.12 21:53  鑑賞

わたしはどうしても「月夜の浜辺」のイメージでした。
みなさまはいかがでしたか?


こっそりと逃げ出し海に帰ったと ボタンにされた白蝶貝は(ドール)

☆ウミガメの子供みたい。

役に立つとか無駄だとかはねのけてくるみボタンの係になるね(百田きりん)

☆くるっと留めてね。

刺繍入りくるみボタンをひとつだけ残しあの日のブラウス捨てる(里坂季夜)

☆じょうずな片付けかたです。

あの虹もこのボタンも円周率は同じなんだよ君は信じる?(岡元らいら)


☆と、いうことは、あなたの時計も犬の首輪も、みーんなおよそ3なのね。

恋をして、がんじがらめにとめていたボタンがゆっくりはずされていく(みち。)


☆いいですねー。


素敵な歌をありがとうございました!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。