スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

061:みなさまの「@」

2009.03.26 21:12  鑑賞

@をじょうずにほどくこいびとに貸した右手がかえってこない (こはく)

☆くるりん。

変換ができる笑顔を添付する@(アット)docomoじゃない友達へ(萩 はるか)

☆わたしはAUです。

顔文字の( ̄∀ ̄)が私に似ているとメールが届く (@_@)と返す (五十嵐きよみ)

☆わたしの友達のまいちゃんも( ̄∀ ̄)こういう顔です。

夕空の虹の向かうの@Heaven母はどうしているのだらうか (佐藤紀子)

☆聞えますか?

?(クエスチョン)@(アットマーク)と;(セミコロン)だけで日記を書ける日がある (里坂季夜)

☆(@@;)?


ステキな歌をありがとうございました!


おまけの「@」↓

……パスです(@_@)
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

060:みなさまの「郎」

2009.03.22 21:34  鑑賞

今頃になってわかった父からのアイラブユーは「このバカ野郎!」 (椎名時慈)

☆日本流のアイラブユーね。

清らかな新郎新婦になるまえに嘘ひとつずつ交換しよう (はらっぱちひろ)

☆そおっとね。

新郎は新郎としてそれよりも君の新婦を抱かせて欲しい (さかいたつろう)

☆なんでこうゆうのが思いつくのー!(笑)。  参考→「正論は正論としてそれよりも君の意見を聞かせて欲しい(加藤千恵)」

期待などされぬくらいがちょうどよい一郎二郎三郎四郎 (市川周)

☆そういう名前でちょうどいい。

向き合って座った途端メーテルが鉄郎を見るような目になる (蓮池尚秋)

☆習得したい(笑)。

馬鹿野郎だったと思うでもだからあんなに笑えたんだと思う (みち。)

☆そう思う。


ステキな歌をありがとうございました!




おまけの「郎」↓




太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。

(三好達治)


心にひびく短詩の世界 (講談社現代新書ジュネス)
篠原 資明
講談社
売り上げランキング: 686526



題詠でも、この詩を素材にしていた方多かったですね~。
まだあと一回くらい雪降るかなぁ。

| コメント(0) | トラックバック(1) | ↑ページトップ |

059:みなさまの「ごはん」

2009.03.21 21:00  鑑賞

彼と2度彼女と3度ごはんして彼女は愛せず彼を憎んだ(松下知永)

☆色々想像しちゃいますね……。

單純なごはんのはうが懷かしい おかずはキャベツ炒めだけ、とか (酒井景二郎)

☆一人暮らしがなつかしい?

手を合わせいただきましょう私たち殺さなければ生きてゆけない (絢森)

☆うあー、ごはんの前に手を合わせるのにはそういう意味が……!(今はじめて気付きました)

何気なくごはんといえば白米と連想できる二〇〇八年 (はづき生)

☆確かに豊かな二〇〇八年。

とりたてて豪華でなくてもいいから君のごはんで餌付けされたい(南 葦太)

☆「君の味噌汁を……」とかは、ごはんは女が作って当然って感じで気に入らないが、
これは可愛くていいなー。

ひからびたごはん粒にも手放しで笑えたほんの半月前は (五十嵐きよみ)

☆やっだーもう、そんなとこにオベントつけてぇ~!(過去)

たまごかけごはんはあなたが食べたのね そのときパンスト被っていたのね (さかいたつろう)

☆笑った! 参考→「この煙草あくまであなたが吸ったのね そのとき口紅つけていたのね(佐藤真由美)」


ステキな歌をありがとうございました!



料理

まぶしい光の窓ぎわで
本をよんでいると
わたしよりさきに
光が
活字をたべてゆく

わたしは
背をもたせて
目を細める

活字は
右肩の方から
はこばれてくる

(木坂涼)


刺繍日記
刺繍日記
posted with amazlet at 09.03.21
木坂 涼 ミヤギ ユカリ
理論社
売り上げランキング: 696937



こんなごはんもありかなっと。

「刺繍日記」、装丁も可愛くてお気に入りなのだ~。

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

058:みなさまの「帽」

2009.03.21 19:59  鑑賞

とっ風がぼくに帽子をくれました 2ねん3くみわたなべひとみ (伊藤真也)

☆何か始まる予感!

視界には同じ帽子のツバ今日もうつむくほどに平和な世界 (はらっぱちひろ)

☆平和でつまらない世界。

先輩の忘れていった野球帽真似してつばを折り曲げてみる (はづき生)

☆こーんな角度。

麦藁の帽子のつばに触れながらひとつ秘密があるのだと言う (佐原みつる)

☆どんな秘密だろう。

予防線だつたのでせう夏帽子まぶしい人に囚はれぬやう (萱野芙蓉)

☆ぼうしの陰からちらちら見てた。

あれ以来一人称は「ぼく」じゃないし麦ワラ帽子をかぶりもしない (矢島かずのり)

☆すこし大人になった少年。

水たまりの空割りながら帰る子の帽子そろつて太陽の色 (夏椿)

☆いいですねー。ほのぼのします。

かるいから飛ぶ綿帽子 だいすきよ だいすきよ って簡単に言う (花夢)

☆綿帽子は種つけてるしねぇ。

簡単に紅白帽を裏返すように変わっていく敵味方 (月原真幸)

☆オセロもだ。

気付かれたくないようなそうじゃないような 四ツ角で帽子をかぶり直す (ろくもじ)

☆恋未満! 


ステキな歌をありがとうございました!



おまけの「帽」↓

車のいろは空のいろ 白いぼうし (新装版 車のいろは空のいろ)
あまん きみこ
ポプラ社
売り上げランキング: 147967




誰かがぼうしの中にちょうちょを隠していたのを、
逃がしてしまった松井さん。

心あたたまるステキな物語です。

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

057:みなさまの「パジャマ」

2009.03.21 19:55  鑑賞

一人着たパジャマを一人洗っては一人で干して一人で畳む (流水)

☆誰に見られなくても、きちんと生きる。

ワイシャツをパジャマ代わりに着て欲しいあなたはいないワイシャツはある (南 葦太)

☆待ってます。

売店にパジャマを買いに駆け込んだ非常時なのにピンクを探す (史之春風)

☆分かる気がする。

はなはだしい色のパジャマがよく似合うこの男どうしてくれようか (村上きわみ)

☆どうしてくれるのでしょう。

ピングーの柄のパジャマが似合うまま本気で大人になりたかった (ろくもじ)

☆ピンガが好きです。

必要とされない愛が変質をせぬようそっとパジャマにくるむ (里坂季夜)

☆大人だ……。

またすぐに脱ぐのにいつもていねいにパジャマを着せるあなたがきらい (みち。)

☆大人ですねえ……。




ステキな歌をありがとうございました!


おまけの「パジャマ」↓


パジャマのたたみかた



せなかを まっすぐにのばして
おてては ちゃんとまえにして
はい こんにちは で
できあがり

(國井 智英理)


こどもの詩 (文春新書)

文藝春秋
売り上げランキング: 315783




5歳の子の詩です。
かないませんなー。

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

056:みなさまの「悩」

2009.03.20 18:17  鑑賞

みなさまの悩み(笑)


越えてこいなんて言われるならもっと小さな悩みにすればよかった (カー・イーブン)

☆このなんとも情けない感じがツボった。

普段から悩みが多いと感じるが実は食欲ほどにもなかった (はづき生)

☆悩んでもオナカはすくの……。

何時に無く悩ましげな表情 心臓がどきりと跳ねた 君の顔なのに (千歳)

☆悪かったわね!(笑)

夏蜜柑ほどの重さだ左手に悩みをひとつ抱えつつ行く (佐原みつる)

☆文句なしにうまいと思います。

紅茶飲む? 母を悩ますイライラに私が加担してる気がして (小椋庵月)

☆なんてよい子。

煩悩を108としてあなたとの距離を求める公式はなに? (暮夜 宴)

☆わたしも知りたい。

普段着のままで悩殺されるほど魅力的ではないはずなのに (矢島かずのり)

☆悪かったわね!(笑)

ともだちが教えてくれた朝露のような悩みはすこし憎いよ (花夢)

☆……。

電話する?しない?と悩むひとときもやっぱり甘い幸福だった (夏端月)

☆きゅーんって感じ!


ステキな歌をありがとうございました!


おまけの「悩」↓



やっぱり描けないな
何かに助けを求めちゃいけないよ
酒飲んでも、たばこ吸っても、
ROCK聞いても、FOLK聞いても、
手紙読んでも、
コーヒー飲んでも、紅茶飲んでも、
よく寝ても、徹夜しても、何をしても
だめな時は だめさ
でも少しはあがいてみなくちゃ


(奈良美智)

深い深い水たまり (Straight Up Japanese Bad Asses)
奈良 美智
角川書店
売り上げランキング: 34743



画集です。
奈良さんを知らない人でも、
こんな子供の絵は見たことあるのでは?

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

055:みなさまの「乾燥」

2009.03.20 18:08  鑑賞

乾燥機の中でふわふわまわってます あんまり夢のないものたちが (穴井苑子)

☆ふわふわ。

本日は乾燥注意報が出てどうやら涙が出にくいらしい (ちりピ)

☆別にわたしが冷たいわけじゃない。

さまざまな言葉を聞いたその夜は鼓膜を自然乾燥させる (砺波湊)

☆きれいになるかな。

かたくなに少女を演じてゐるやうな乾燥いちごが浮かぶシリアル (萱野芙蓉)

☆いちご、桃、さくらんぼ。女の子らしい果物ベスト3。(私の中で)

乾燥死するミミズより幸福であるゆえ強き太陽を見る (つばめ)

☆乾燥死って新しい言葉だ……通学路にミミズいっぱい死んでたなぁ。

噛みしめた乾燥いちじくそっくりのプチプチがいま胸にあります (小野伊都子)

☆つぶさないでね。


ステキな歌をありがとうございました!


おまけの「乾燥」↓


未確認飛行物体




薬缶だつて、
空を飛ばないとはかぎらない。

水のいつぱい入つた薬缶が
夜ごと、こつそり台所をぬけ出し、
町の上を、
畑の上を、またつぎの町の上を
心もち身をかしげて、
一生けんめいに飛んで行く。

天の河の下、渡りの雁の列の下、
人工衛星の弧の下を、
息せき切つて、飛んで、飛んで、
(でももちろん、そんなに早かないんだ)
そのあげく、
砂漠のまん中に一輪咲いた淋しい花、
大好きなその白い花に、
水をみんなやつて戻つてくる。


(入沢康夫)

こころに詩をどうぞ (ちくまライブラリー)
川崎 洋
筑摩書房
売り上げランキング: 878883




すごーく可愛い詩だと思う。やかんちゃん♪

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

054:みなさまの「笛」

2009.03.20 17:58  鑑賞

いや、我が国もびみょ~な立場 (;一_一) とりあえず鼓笛隊なら派遣できます (富田林薫)

☆あの名歌、イスカンダルの歌を思い出しました。
http://masuno-tanka.cocolog-nifty.com/blog/2005/11/post_ee04.html

口笛が吹けない君の口笛を吹こうとしてる顔は反則 (赤城尚之)

☆へん? かわいい?

貴女はね存在自体が音楽よ溜め息さえも笛の音のよう (桶田 沙美)

☆ひゅーっ。

あの人の下手な口笛を聴きたいこんなに上手なやつなんかじゃなく (藤野唯)

☆そうそう。


ステキな歌をありがとうございました!


おまけの「笛」↓


090319_1926~001

ふえ科。





| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

053:みなさまの「キヨスク」

2009.03.20 17:53  鑑賞

ここからはひとりでお行きQ&Aの見本はキヨスクにある (こはく)

☆行ってきまーす。

簡単に何でも揃うキヨスクで白桃だけが探せずにいる (ほたる)

☆白桃を選ぶところにセンスを感じます。

おばさんになっていくのよキヨスクの実用性を取り入れながら (カー・イーブン)
☆そうね……。

キヨスクで買ってきたのは中国で死んだ子供の小さい右手(虫)

☆なんか気になりました。

キヨスクの前であなたに似たひとを待ち続けるという罰ゲーム (花夢)

☆駅は待ち合わせ場所の定番だものね。

のぼるのかくだるのかしか選べない駅 キヨスクのさみしいあかり(みち。)

☆究極の選択。

初めての駅だけどそこにもキヨスクがあって何だか安心してる (はせがわゆづ)

☆ついでに何か買ってって!


ステキな歌をありがとうございました!




おまけの「キヨスク」↓



夕方は夕方用の地図がありキヨスクなどで売っております(天野慶)

短歌のキブン
短歌のキブン
posted with amazlet at 09.03.20
天野 慶
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 274875


わたし、この本持ってないのですー。
売ってるとこあったら教えてください!

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

052:みなさまの「考」

2009.03.17 22:57  鑑賞

考えることなど何もないだろと熟考してきた赤い目でいう (やましろひでゆき)

☆強がりな男っぽさ(お父さん的な)を感じました。

時々は沈考します 愛について パンツをうかつに脱げない場所で (秋ひもの)

☆トイレ以外で。

今 何を考えているか伝わってしまわないよう 手はポケットへ (ほきいぬ)

☆そわそわしちゃうんだね。顔もマスクで隠すべし。

考えて、考えて、また考えて、そういう風に生きていきます (遥遥)

☆うんうん。

霧雨に折りたたみ傘ひろげれば考えごとの数ほど独り (はらっぱちひろ)

☆咳をしてもひとり。

あふれ出る君の涙を手のひらでぬぐって舐めた 考えなおす (天国ななお)

☆女の涙って有効なのか?

ゴルゴでも考えこんでしまうだろう 君の悩みはややこしすぎる (さかいたつろう)

☆おおお、この短歌、カンペキだと思う。

考える時間は過ぎて ただ空が広いってみんな見上げている 昼 (虫)

☆こういう雰囲気好きです。

一向に行き先なんて考えない私とあなた御一行様 (伊藤なつと)

☆一緒にいて疲れないしさ。

考えるだけならいつでも出来るのに最初の一歩が重い、重いよ (夏端月)

☆……共感。


ステキな歌をありがとうございました!



おまけの「考」↓



ごびらっふの独白

 

るてえる びる もれとりり がいく。
ぐう であとびん むはありんく るてえる。
けえる さみんだ げらげれんで。
くろおむ てやあら ろん るるむ かみ う りりうむ。
なみかんた りんり。
なみかんたい りんり もろうふ ける げんけ しらすてえる。
けるぱ うりりる うりりる びる るてえる。
きり ろうふ ぷりりん びる けんせりあ。
じゆろうで いろあ ぼらあむ でる あんぶりりよ。
ぷう せりを てる。
りりん てる。
ぼろびいろ てる。
ぐう しありる う ぐらびら とれも でる ぐりせりや ろとうる ける ありたぶりあ。
ぷう かんせりて る りりかんだ う きんきたんげ。
ぐうら しありるだ けんた るてえる とれかんだ。
いい げるせいた。
でるけ ぷりむ かににん りんり。
おりぢぐらん う ぐうて たんたけえる。
びる さりを とうかんてりを。
いい びりやん げるせえた。
ばらあら ばらあ。

 

 日本語訳

 

幸福といふものはたわいなくっていいものだ。
おれはいま土のなかの靄のような幸福に包まれてゐる。
地上の夏の大歓喜の。
夜ひる眠らない馬力のはてに暗闇のなかの世界がくる。
みんな孤独で。
みんなの孤独が通じあふたしかな存在をほのぼの意識し。
うつらうつらの日をすごすことは幸福である。
この設計は神に通ずるわれわれの。
侏羅紀の先祖がやってくれた。

考へることをしないこと。
素直なこと。
夢をみること。

地上の動物のなかで最も永い歴史をわれわれがもってゐるといふことは平凡ではあるが偉大である。
とおれは思ふ。
悲劇とか痛憤とかそんな道程のことではない。
われわれはただたわいない幸福をこそうれしいとする。
ああ虹が。
おれの孤独に虹がみえる。
おれの単簡な脳の組織は。
言わば即ち天である。
美しい虹だ。
ばらあら ばらあ。


(草野心平)


こびらっふの独白 (声にだすことばえほん)
草野 心平 いちかわ なつこ
ほるぷ出版
売り上げランキング: 245999



「考えることをしないこと。
素直なこと。
夢をみること。」

ただ生きること、感じることの喜び……ああ、でもカエルは私、触れないの。

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。