スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

014:みなさまの「温」

2007.11.24 11:43  鑑賞

温めちゃいけないひとを温めたのかもしれない 着信二件(スズキロク)

☆出るか出ないか迷うとき、胸に鉛が入ってる感じがする。ケータイは、ソファに投げる。

どんぶりの温もりに手を添えながら昨夜のきずをかばって食べる(新井蜜)

☆肉がのどにつまって、ひどく飲み込みにくい。

温もりを求めた猫の肉球に踏みつけられて終わる日曜(暮夜 宴)

☆それでも好きだ、ねこにゃんにゃーん。

体温は低めに設定しておいて見てな半透明な結露だ(こはく)

☆かっこいー。

ちっぽけなことばっかりが懐かしい真夜中コンビニ温泉たまご(ハルジオン)


☆これおいしいって言ってたっけ。

輪になって手と手つないでそのまんま同じ温度になりますように(あみー)


☆地球はまるいんだってね。

体内ではねる高温!二十ある指が求めるから走るのだ(末松さくや)

☆獣になった気がする。


敬称略ですみません。
素敵な歌をありがとうございました!
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。