スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

031:みなさまの「雪」

2007.11.30 19:04  鑑賞

手のひらに降ってしまった雪みたいあなたに言ってしまった言葉(ぱぴこ)

☆マイナーなんだけど、山中音和の「ロリータの詩集」という漫画を思い出しました。
「ほら、雪が、君はあったかいって言ってるよ」……とかいう……うろおぼえだけど。

許されていい頃なのに雪どけの水は澱んでまだここにある(花夢)

☆分かる気がする。

雪は降るあなたはこない犬がくる(Dogs don't care if it's snow.)(市川周)

☆はいくっぽい。

たいせつな悲しみなんだ ほら雪の日は暖房がよく効くでしょう(宮田ふゆこ)


☆冬がちょっと好きになる。

雪であることをわすれているようなゆきだるまからもらうてぶくろ(笹井宏之)

☆かわいいですねー。こうゆうの好きです。

傾けたテーブルソルトいつだってわたしのために降る雪がある(砺波湊)

☆わたしはどちらかというと砂糖を連想するのだけど
(粉砂糖ふるってふるって争いのない大陸を夢見ているの←1年前につくった自作)、
塩かぁ。しょっぱい雪もあるのかもしれない。



素敵な歌をありがとうございました!
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。