スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

046:みなさまの「階段」

2007.12.12 22:49  鑑賞

階段に落ちて壊れて粉々になったガラスの靴さあ君は(よさ)

☆壊れたらそれで終わり……ではないんですね。

背中から抱きしめられて蝶になる午前0時の非常階段(暮夜 宴)

☆わーお。すてきです。

金曜の階段室で泣いていた美人の嗚咽が賛美歌のよう(稲荷辺長太)

☆美人だというだけで絵になる。

どこかへとつづくと信じる階段をあやうくあやうく駆け下りて、ゆけ(つきしろ)

☆転びませぬよう。

エッフェル塔昇る階段足の下広がる景色はパリパリパリだ(桶田 沙美)

☆パリパリかぁー。見てみたいです。

階段に座って食べるあんぱんの桜は春を覚えているの(小野伊都子)


☆あんぱん食べるたび、思い出しそうです。


すてきな歌をありがとうございました!
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。