スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

050:みなさまの「仮面」

2008.01.05 22:19  鑑賞

やーっと半分!
だらけてきましたよ、わたし!


少しだけ残念だった無理矢理に仮面取っても君は優しい(稚春)

☆傷つけたかったのに。

増えすぎた仮面ライダー数えては僕の歴史に区切りをつける(駒沢直)


☆仮面ライダーって、どんくらい種類いるの?

仮面など持っていないという仮面 身を切りながら剥がせる痛み(素人屋)


☆わたしも「秘密なことが秘密なのです」って短歌つくったことがあります。
そ知らぬ顔をしていたいことってあるよね。

玄関の仮面置き場が暗いから僕もあの子もたまに間違う(里坂季夜)

☆「玄関の仮面置き場」という表現に脱帽。
仮面を脱ぐ場所は玄関じゃないとね。家ではほっとしてください。

はづされた仮面のやうに街上に麝香揚羽のひとつ落ちゐつ(大辻隆弘)


☆美しい絵のようです。

「いらっしゃい。どんな仮面が御入用?」「泣いているのを一つ下さい」(橋都まこと)

☆ありそうでない光景かな。ストレートで好みでした。

ありふれたかおをいちまい川底へ沈める夕ぐれの仮面売り(笹井宏之)

☆すてきにせつなくて、笹井さんワールド全開です。


素敵な歌をありがとうございました!
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。