スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

051:みなさまの「宙」

2008.01.05 22:22  鑑賞

宙空でひときわひかる星よりもこの目に似合う痛さがほしい(帯一鐘信)

☆星を目の中に入れてみたい。

蝙蝠のどっちつかずを責めている宙ぶらりんのままのゆうぐれ(暮夜 宴)

星鳥でないのに飛べたり、鳥なのに飛べなかったり、色々です。
(タラバガニもヤドカリの仲間だというではないか。)

週末の遊びつかれた終電の椅子にもたれてただいま宇宙(白辺いづみ)


☆夜の電車から見た街のキラキラが、まるで宇宙みたいだった。

宇宙まで広げてみても寂しさは君の形をはみ出さないの(ぱぴこ)


☆やさしい歌だなぁ。好きです。

つないだ手だけを頼りにして夜の住宅街の宇宙遊泳(百田きりん)

☆ゆらゆらって、泳ぐみたいに歩こ。

宙返りする夢をみて目覚めたらあなたのことが嫌いだったの(カー・イーブン)

☆あれっ? 


素敵な歌をありがとうございました!

スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。