スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

033:鍵 (遠藤しなもん)

2006.09.05 07:16  題詠100

屋上の鍵を盗んでわたしたちこれから( )のはなしをしよう
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(1) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

033:鍵のうた
どうしようどうしようもなくてのひらに花 やさしさの鍵がこわれて飯田篤史このあふれだす感じはなんだろう。華やかにあふれだして、どうしようと思ってしまう、この気持ちはなんだろう。(恋に似てるな。)「やさしさの鍵がこわれる」というのは、私だったら、やさしくなく

花夢  2006.11.30 01:03

↑ページトップ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。