スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

017:みなさまの「頭」

2008.12.31 18:21  鑑賞

むずかしい顔で竜頭を巻きながら父がだまっている 夏だった (村上きわみ)

☆うちの父はそういうタイプじゃない(ヘラヘラしてる感じ?)ので、ちょっといいなーって思います。

猫だった記憶があって不機嫌は頭を撫でられるとおさまる (花夢)

☆猫だったからかー。

ばらばらになってあなたに逢いにゆく頭も身体も心も声も(雪海) 

☆死んじゃったの……? 違うか……?

心より頭が動く 好きでない とはこんなにも残酷なのか(小林ミイ)

☆ですね……。

世論には頭を丸めて反省し君には愛を貫けばいい (伊藤なつと)

☆かっこいなー!

頭から食べられたくてシャンプーの香りを変える 愛してよ、春(夏端月)

☆気付くかな?

一頭の豚も殺さず死ぬだろう何百頭の豚を食いつつ (わらじ虫)

☆私は魚もさばけない。




ステキな歌をありがとうございました!!




おまけ「頭」の詩↓


女の子のマーチ


男の子をいじめるのは好き
男の子をキイキイいわせるのは好き
今日も学校で二郎の頭を殴ってやった
二郎はキャンといって尻尾をまいて逃げてった
          二郎の頭は石頭
          べんとう箱がへっ込んだ

パパはいう  お医者のパパはいう
女の子は暴れちゃいけない
からだの中に大事な部屋があるんだから
静かにしておいで  やさしくしておいで
         そんな部屋どこにあるの
         今夜探検してみよう

おばあちゃまは怒る  梅干ばあちゃま
魚をきれいに食べない子は追いだされます
お嫁に行っても三日ともたず返されます
頭と尻尾だけを残し  あとはきれいに食べなさい
           お嫁になんかいかないから
           魚の骸骨みたくない

パン屋のおじさんが叫んでいた
強くなったは女と靴下  女と靴下ァ
パンかかえ奥さんたちが笑ってた
あったりまえ  それにはそれの理由(わけ)があるのよ
         あたしも強くなろうっと!
         あしたはどの子を泣かせてやろうか

(茨木のり子)


落ちこぼれ―茨木のり子詩集 (詩と歩こう)
茨木 のり子 水内 喜久雄 はた こうしろう
理論社
売り上げランキング: 93355




かわいい詩~。
ずしずし大地を踏みしめて歩きたくなる。
女の子だけの特権。
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。