スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

018:みなさまの「集」

2009.01.01 22:28  鑑賞

寝る前にきょうのかけらを集めたらおやすみなさいのかたちになった (赤城尚之)

☆脳は、眠るとき今日の復習をして、記憶を定着させているそうです。

集まったはしから全部ガラクタに変わる 私が触ったせいで (ちりピ)

☆ゴットハンドですね……!

集まって撮った写真の端っこであきらめきれない顔をしている  (丸山汰一)

☆まだ期待してたから。

愛のある嘘ならどうにか許せると万葉集に書いてあったよ( 睡蓮。)

☆千年以上も昔から変わらない真実。

恋人が死ぬ小説を集めてる 他に涙を出すことがない (音波)

☆泣いて、スッキリ。

五月雨を集めて自分を流したい好きだったから嫌いになってく (雪海)

☆好きだったから嫌いになってく……。

集めても飛べやしないよ とどめたら風は死んでしまうのだから (瑞紀)

☆がーん。


ステキな歌をありがとうございました!




おまけ「集」の詩↓



新しい詩集のタイトル


手紙にも
いろいろあって

ラブレター
友人への手紙
老いた両親への手紙
政治家や
芸能人への手紙
新聞社や
ラジオ局への手紙

夏の夕暮れ
ぼくが書きたくなるのは
宛名のない
一通の手紙

早朝の
激しい雷鳴
死んだイルカの
胃袋の中のゴミ
失恋した青年が
造り続けたサンゴのお城
手紙には
書きたいことがたくさんある

宛名のない手紙が
たくさん集まると
ぼくは寂しくなって

新しい詩集のタイトルを考える

(谷郁雄)

自分にふさわしい場所
谷 郁雄 ホンマ タカシ
理論社
売り上げランキング: 232880



ますのさんがこの本を薦めていて読んだ。

最後の一行ですっと落とされる感じが好きです。

スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。