スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

044:みなさまの「鈴」

2009.02.10 22:49  鑑賞

呼び鈴を押せず帰った明日の朝きっとこのまま転校していく (藻上旅人)

☆いくじなし……。

ちりちりと鈴を鳴らして来てください 心の準備が必要なので (穴井苑子)

☆分かりやすく、来て。

ストラップの鈴の音ちゃりんとはずませて 誰とメールをしてるの君は (月子)

☆じとーっ。

そのころはまだ感情に名がなくて静かな鈴の音がしていた (花夢)

☆のに。

女らは秘密をもって嫁に行く夏の終わりの鈴が聞こえる (たかし)

☆胸に秘密を持って行く。

怖いもの知らずを自称する君がなぜか怯える鈴虫の声 (蓮池尚秋)

☆こうゆう女の子可愛いですよね。


ステキな歌をありがとうございました!



おまけの「鈴」↓


わたしと小鳥と鈴と

わたしが両手を広げても
お空はちっとも飛べないが

飛べる小鳥はわたしのように
地べたを早くは走れない

わたしが体をゆすっても
きれいな音は出ないけれど

あの鳴る鈴はわたしのように
たくさんな歌は知らないよ

鈴と小鳥と それからわたし
みんな違って みんないい

(金子みすず)


最近の小学生の国語の教科書にも載ってるようですよ~。

わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集
金子 みすゞ
JULA出版局
売り上げランキング: 3974

スポンサーサイト

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

はじめまして、いくじなしの藻上旅人です
歌、選んで頂いてありがとうございます

遠藤様のページには、始めてお伺いしました
「おまけ」、とても楽しいですね
これからちょくちょく、読ませて下さいね

藻上旅人 | URL | 2009.02.16 17:50 | 編集

はじめまして、ようこそ!
いきなりいくじなしとか言って、すみません(^^;)


藻上さんの短歌を見まして、小学生のとき、
男の子の家にバレンタインチョコ届けに行って、呼び鈴押したときのこととか、
思い出したりしました。
たった31文字で色々蘇る……。
改めて短歌ってすごいなーって思った一首でございました♪


2009年の藻上さんの題詠も期待してますね!
私もあとから追っかけたいと思います。
これからも、おまけともどもヨロシクお願いします♪

遠藤しなもん | URL | 2009.02.21 09:48 | 編集

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。