スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

058:みなさまの「帽」

2009.03.21 19:59  鑑賞

とっ風がぼくに帽子をくれました 2ねん3くみわたなべひとみ (伊藤真也)

☆何か始まる予感!

視界には同じ帽子のツバ今日もうつむくほどに平和な世界 (はらっぱちひろ)

☆平和でつまらない世界。

先輩の忘れていった野球帽真似してつばを折り曲げてみる (はづき生)

☆こーんな角度。

麦藁の帽子のつばに触れながらひとつ秘密があるのだと言う (佐原みつる)

☆どんな秘密だろう。

予防線だつたのでせう夏帽子まぶしい人に囚はれぬやう (萱野芙蓉)

☆ぼうしの陰からちらちら見てた。

あれ以来一人称は「ぼく」じゃないし麦ワラ帽子をかぶりもしない (矢島かずのり)

☆すこし大人になった少年。

水たまりの空割りながら帰る子の帽子そろつて太陽の色 (夏椿)

☆いいですねー。ほのぼのします。

かるいから飛ぶ綿帽子 だいすきよ だいすきよ って簡単に言う (花夢)

☆綿帽子は種つけてるしねぇ。

簡単に紅白帽を裏返すように変わっていく敵味方 (月原真幸)

☆オセロもだ。

気付かれたくないようなそうじゃないような 四ツ角で帽子をかぶり直す (ろくもじ)

☆恋未満! 


ステキな歌をありがとうございました!



おまけの「帽」↓

車のいろは空のいろ 白いぼうし (新装版 車のいろは空のいろ)
あまん きみこ
ポプラ社
売り上げランキング: 147967




誰かがぼうしの中にちょうちょを隠していたのを、
逃がしてしまった松井さん。

心あたたまるステキな物語です。

スポンサーサイト

| コメント(2) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

ありがとうございます

いつもありがとうです。
相変わらず、しなもんさんの創作世界における土壌の豊かさを見せつけられては感嘆しております。
懐かしいなぁ。このおはなし。

花夢 | URL | 2009.03.24 23:42 | 編集

こちらこそ、いつもお借りしまして、
ありがとうございます♪


白いぼうし、なつかしいですよね~☆
「このおはなし、いいよね」って言い合うのって、なんか楽しくて嬉しいです!
これからもヨロシク~。

遠藤しなもん | URL | 2009.03.27 20:26

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。