スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

060:みなさまの「郎」

2009.03.22 21:34  鑑賞

今頃になってわかった父からのアイラブユーは「このバカ野郎!」 (椎名時慈)

☆日本流のアイラブユーね。

清らかな新郎新婦になるまえに嘘ひとつずつ交換しよう (はらっぱちひろ)

☆そおっとね。

新郎は新郎としてそれよりも君の新婦を抱かせて欲しい (さかいたつろう)

☆なんでこうゆうのが思いつくのー!(笑)。  参考→「正論は正論としてそれよりも君の意見を聞かせて欲しい(加藤千恵)」

期待などされぬくらいがちょうどよい一郎二郎三郎四郎 (市川周)

☆そういう名前でちょうどいい。

向き合って座った途端メーテルが鉄郎を見るような目になる (蓮池尚秋)

☆習得したい(笑)。

馬鹿野郎だったと思うでもだからあんなに笑えたんだと思う (みち。)

☆そう思う。


ステキな歌をありがとうございました!




おまけの「郎」↓




太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。

(三好達治)


心にひびく短詩の世界 (講談社現代新書ジュネス)
篠原 資明
講談社
売り上げランキング: 686526



題詠でも、この詩を素材にしていた方多かったですね~。
まだあと一回くらい雪降るかなぁ。
スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(1) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

“Perfume”で付け句!第六弾「ワンルーム・ディスコ」(祝!発売)編
こんにちは~、すべてのからだ~! (Hello, everybody!) ……待

なまじっか…  2009.03.27 18:28

↑ページトップ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。