スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

079:みなさまの「児」

2009.05.04 23:01  鑑賞

男にも育児休暇がある時代 選択肢だけは増えつづけてる (イツキ)

☆選択肢が多いほど、迷う。選べない。

逃げたって生きていけると知りました以上かつての児童代表 (はらっぱちひろ)

☆送辞? 答辞?

父になり育児マニュアル読んで知る俺がすこやかなのは奇跡と(カー・イーブン)

☆うんうん! 親に感謝しないとね。

もう今は幼稚園児の言うようなすきの言葉は信じていない (小野伊都子)

☆あらま。

ステキな歌をありがとうございました!


おまけの「児」↓


初めての児に

お前がうまれて間もない日。

禿鷹のように
そのひとたちはやってきて
黒い皮鞄のふたを
あけたりしめたりした。

生命保険の勧誘員だった。
(ずいぶんお耳が早い)
私が驚いてみせると
そのひとたちは笑って答えた。
(匂いが届きますから〉

顔の貌さえさだまらぬ
やわらかなお前の身体の
どこに
私は小さな死を
わけあたえたのだろう。

もう
かんばしい匂いを
ただよわせていたというではないか。

(吉野弘)

吉野弘詩集 (ハルキ文庫)
吉野 弘
角川春樹事務所
売り上げランキング: 58592


スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。