スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

092 :みなさまの「生い立ち」

2009.06.28 23:05  鑑賞

生い立ちを話せる雰囲気作ったらアナタがワタシの子供になってた (木下奏)

☆えっ?

少なくとも出番を控えたおじさんは新婦の生い立ちどころではない(穴井苑子)

☆あはは、おじさんかわいい~。こうゆうユルイ笑い、好きです。


ドーナツの甘さを指で持て余し今日三度目の生い立ちを聞く (拓哉人形)

☆お年寄りの話は長いからねぇ

QRコードをたどって合い挽きの牛と豚との生い立ちを知る (沼尻つた子)

☆そうきたか! という感じでした

生い立ちを追求してもあの人の先祖はやっぱり穏やかでした (伊藤なつと)

☆うんうん……そうでしょうとも

くだらない生い立ちだからあなたとの出会いの日まで早送りして (美木)

☆あはは。なんか可愛いです。


いかにもな嘘の生い立ち武器にして何人女を落としてきたの? (天井桃)

☆一部ほんとうだから落とされるんですって!

「海の泡から生まれたの」そういってはぐらかされる、君の生い立ち。 (田中彼方)

☆気をつけたほうがいいかも(笑)


ステキな歌をありがとうございました!



おまけの「生い立ち」↓


懐かしのわが家


昭和十年十二月十日に
ぼくは不完全な死体として生まれ
何十年かかかって
完全な死体となるのである
そのときが来たら
ぼくは思いあたるだろう
青森市浦町字橋本の
小さな陽あたりのいい家の庭で
外に向って育ちすぎた桜の木が
内部から成長をはじめるときが来たことを

子供の頃、ぼくは
汽車の口真似が上手かった
ぼくは
世界の涯てが
自分自身の夢のなかにしかないことを
知っていたのだ

(寺山修司)




スポンサーサイト

| コメント(1) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009.06.29 04:06

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。