スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

第2話

2009.08.10 19:55  ショートストーリー

しなもんの短歌ストーリー第2話<花火>



どーん、という音で目が覚めた。
いつのまにかうたた寝をしていたらしい。

あたしは起き上がって、のびをした。
「今日は花火大会か」
誰もいない部屋でつぶやいた。

部屋の中が薄暗い。
壁をつたって、冷蔵庫の扉を開けた。
オレンジの光がぽっと灯る。

缶ビールを取り出すと、プルタブをひいてごくっと飲んだ。
うまい。カラダの中を、黄金の液体が満ちていく。

どーん。
花火の音は続いている。
あたしはベランダに出て、空を見あげた。
このおんぼろのアパートは、この季節、ベランダから花火がよく見える。
それは、安い家賃についてくる、思いがけずぜいたくなおまけだった。

どーん。
赤。
丸いかたちに火の粉が散る。
どーん。
続けて音。
黄。散る火の粉。
どーん。音。

去年の花火は、拓人と見たのだった。やっぱりこのベランダで。
あたしは、寝起きの頭で、ぼうっと思った。
あたしと拓人は、花火を見ながら、「光と音の関係」について話したのだった。

光の伝わる速さが秒速130万キロメートル。
音の伝わる速さが秒速350メートル(湿度、気温などによって異なる)。
ゆえに、花火が散ったあとで音が聞こえる。
どーん。

去年もあたしは缶ビール(エビス)を飲んでいて、
お酒がダメな拓人は、何か炭酸を飲んでいた。
赤や青やピンクの光を見て、拓人はおとぎの国のようだと言った。
空になにか新しい国ができたみたいだ、と。
どーん。

その国に、ふたりでなら行けるのではないかと話した。
なんてメルヘンな、と笑った。
ふたりで笑いながら抱き合った。
その人も今はどこかに行ってしまった。

いつからズレが生じたのだったか。
いやはじめからだったのだろう。
拓人が光の速さで進んでいるとするならば、あたしは音の速さで進んでいた。
キラキラと夜空にはじける光が拓人だとするならば、あたしはあとから鈍く反応する音だった。
いつも、どうしてもおいつけなかった。
どーん。

思い出してしまった。
忘れていたと思っていたのに。
あたしはいつのまにか、目をとじていた。
花火の音だけ、やまなかった。



エンゲージリングみたいな花火だと思った ふたりで見たものだから(遠藤しなもん)
スポンサーサイト

| コメント(4) | トラックバック(0) | ↑ページトップ |

この記事へのコメント

む、胸がくるしい・・・!(笑)

文章もだけど、この短歌だいすきですー。
歌だけ詠むと幸せな感じがするんだろうけど、この話のあとだから素敵な思い出の分だけ切なさ倍増ですね。
音と光の話とか、花火がエンゲージリングみたいとか、あたしには絶対思いつけない発想すぎて最後までどきどきしながら読みました。
また書いてほしいな☆

こゆり | URL | 2009.08.11 12:55

こゆりちゃん
ありがとうございますー!

誰かひとりにでも伝わったらいいなと思って書いたので、
このお話&短歌はこゆりちゃんに捧げることにします♪

しなもん | URL | 2009.08.12 20:20

あ……

ずるいー、これ自分も気に入ってたのに……
半分僕にください(笑)

きれいなエンゲージリングだったんだねえ、きれいなものって儚いよね……。
なんていってみたくなる。

岡本雅哉 | URL | 2009.08.13 11:24 | 編集

ありがとうございます!
こゆりちゃんと相談してください(笑)

きれいと儚さは必要十分条件ってやつなのだと思います。
と理系っぽいことばっかり言ってみる(笑)。

しなもん | URL | 2009.08.14 21:39

コメントを書く


管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。